フケ

脂漏性皮膚炎で美容室に行った体験談/フケが出て不潔な人と思われない?

頭皮の脂漏性皮膚炎に罹患し、悪化して円形脱毛症までできてしまいました(;´・ω・)

頭皮の脂漏性皮膚炎は一目見て普通の状態じゃないってわかりますよね。

わたしが美容室に行くきに一番気になったのは、ふけが出て不潔な人だと思われていないかということでした。

美容室に行きたいけれど、行きづらいと悩んでいる方はわたしの体験談を紹介します。

 

フケで悩んでいる人にわたしが使っているシャンプーがいいですよ

>>99%天然由来成分シャンプー【KADASON(カダソン)】の詳細へ

 

わたしの頭皮の脂漏性皮膚炎の症状

 

わたしの脂漏性皮膚炎の症状

☑熱感のあるかゆみ

☑掻き壊して出血、じゅくじゅく、臭い液体が出る

☑液体で髪の毛がかたまったり、フケが出る

☑円形脱毛症

 

 

私の場合、寝ても覚めても頭皮を覆われるようなぼんやりとした熱感のある痒みがひどくて大変でした。

掻き壊してしまうと出血するのはもちろん、皮膚がじゅくじゅくになり、臭い液体が出てきてしまうんです(汚くてすみません…)

その液体で髪の毛が固まっていしまったり、そこまでいかなくてもふけが浮く、肩に落ちるなど本当に悩まされました。

温めると痒みが増すので冷やしたいのですが、仕事をしている間はそうもいかず…。

必然的に色の濃い服は避けるようになりました。

また、私の場合、掻き壊し過ぎたせいかストレスが募ったのか、湿疹のあるところと普通の皮膚にまたがって、髪の毛が直径4センチ程度の範囲で抜けてしまいました。

初めての経験でとてもびっくりしましたし、ショックでした。

そんな状態なので彼氏とのお泊まりも気が勧みませんでしたし、人を家に招く前には必死で大掃除が必須でした。

どんなに気をつけていてもふけや髪の毛が落ちて、部屋の隅やベッドに溜まるんです。

それを見るたび、「不潔なわけじゃないのに…」と悲しい気持ちを募らせていました。

 

 

脂漏性皮膚炎は治療方法があわないとよくなりにくい

 

現在30代前半で、頭皮の脂漏性皮膚炎になったのは20代なかばでした。

脂漏性皮膚炎を発症していた合計期間は1年くらい。

もともとあまり肌が丈夫な方ではありませんでした。

当時実家暮らしの大学生だったのですが、首都圏で一人暮らしを始め、就職をしました。

付き合っていた彼とも遠距離恋愛になりました。

ホームシックが酷く、毎週末実家に帰っていました(東京から東北地方まで)。

このようなライフステージの変化もあったので「ストレスかな?」という思いもあり皮膚科に行かず2か月ほど様子を見ていました。

しかし状況はどんどん悪くなる一方。辛くなって皮膚科を受診するも

「シャンプーによるかぶれでしょう」

というような診断で、頂いた薬を塗っても症状はほとんど変化がありませんでした。

 

何度か通いましたが良くならず、たまらず別の皮膚科を受診し脂漏性皮膚炎の診断と塗り薬(ローション)と円形脱毛症の飲み薬を頂き、快方に向かいました。

その皮膚科にかかってからはゆっくりとですが完治したようで、8年ほど経った今もたまに痒くなるものの湿疹が出ることはなく、明らかな再発はありません。

円形脱毛も再発はなく、無事に髪の毛が生えてきました。

 

 

脂漏性皮膚炎の発症と美容室でした施術は関係ない

 

髪型や髪色を変えることを楽しみたいので、4週間から長くても8週間で美容室に行くことが多いです。

これは大学生のころからの習慣で(当時はセルフカラーもしばしばありましたが)、この習慣が脂漏性皮膚炎に影響したとは思っていません。

 

 

いきつけの美容院は特になし。美容院ジプシー

 

特にはどこの美容院に行くこというのは決めていません。

クーポン付の雑誌で近場を探し、適当に予約していっていました。

自分に合う美容院を探していたので、色々な美容院に行きました。

ぱっと見て雰囲気が良さそうで、設備が新しく綺麗、リラックスできそうなところ、あまり高くない(カット、パーマ、カラーで15000円以内ぐらい)ことを条件に選んでいました。

私が選んでいたお店の美容師さんは若い方が多く、男女比は女性がやや多いかな、というところ。

客層は全体として若めで、20~40代の女性がほとんどでした。

 

 

美容室でのメニューはカット・パーマ・カラー。脂漏性皮膚炎でじゅくじゅくで染みる

 

カット、パーマと2回に1回ぐらいカラーをしていました。しかし脂漏性皮膚炎で頭皮がじゅくじゅくした状態だとかなり染みるので、毛先だけのパーマにしたこともありました。

特にパーマ液をつけて温める時間が地獄で、頭皮にビリビリと染みて辛かったです。

髪の色はやや明るめが好きなのですが、プリンを直そうとすると髪の毛の根元や頭皮にカラーの薬液がついてものすごく辛いんです。

仕方ないので、一番ひどかったときには少しプリン部分を伸ばしてから地毛の色に近い茶色に染めました。

美容師さんに相談しワセリンか何かを塗ることも提案してもらいましたが、そのワセリン自体が頭皮の状態の悪化を招くのではないかという心配と、髪についてしまうとパーマやカラーがうまくいかない事があると説明を受け、希望しませんでした。

 

 

初めての美容室では脂漏性皮膚炎の症状を伝え施術内容を相談

 

頭皮に何かあるな、ということは明らかだったので、美容室に着いたらすぐ

「ちょっと頭皮が痒くて湿疹になったりじゅくじゅくしている部分があるので、施術内容を相談したいんですが…」

と申し出ていました。

その時々の状態でできる限りのことを提案していただき、刺激の少ないシャンプーを使ってもらえたり、こまめに「染みてませんか、大丈夫ですか」などと声をかけてもらっていました。

円形脱毛に関しても、その部位の毛がごっそり無いので、毛のない部分が目立たないようにしてもらっていました。

最善を尽くしていただいたことには感謝しています。

嫌な顔をされることはなく施術を断られることもありませんでしたが、少しくらい嫌だっただろうな、内心引いただろうなとは思います。

 

 

美容室で脂漏性皮膚炎対策専用シャンプーを勧められたことはない

 

具体的な商品を勧められたことはありません。

一度、「うちの店で使っているシャンプーや薬剤はかなり肌に優しいものなので、スタッフにも手荒れをしている人はいないですよ」というところがありました。

確かにみなさん手が綺麗で、染み方も心持ちましだったように思いますが、美容室で使ってもらいましたが全く染みないということはありませんでした。

 

現在は脂漏性皮膚炎の症状はだいぶ落ち着きシャンプーはほぼどのブランドでも大丈夫になりました。

普段使いはメリットのピュアンと、季節の変わり目や、少し頭がムズムズするかなーという時にはミノンを使っています。

ボタニストにしたこともあるのですが、頭皮が脂っぽくなってしまい、嫌な予感がしたのでやめました。

 

当時は脂漏性皮膚炎専用のシャンプーがあるとは知りませんでした。

今は専用シャンプーが出ていて、あのとき悩んでいたわたしにこのシャンプーがあったらなーと思います。

>>99%天然由来成分シャンプー【KADASON(カダソン)】の詳細へ

 

 

ふけが出て不潔な人だと思われていないかが心配

 

一番は、ふけが出て不潔な人だと思われていないかということです。

こればかりは仕方ないので説明をして、病院に行っていて今治療しているんですと伝えていましたが、やはり恥ずかしい、

情けないという思いはありました。

あとは、やはり、気を遣わせてしまって申し訳ないという気持ちです。

 

パーマ液やカラー液を塗るときには、手早くかつ頭皮に触れないように数人がかりでやって下さることも多く、

「店長が得意なので店長がやらせていただきますね」

と手慣れた店長クラスの方がわざわざついて下さることも何度かありました。

通いなれたお客さんというわけでもないのに手間をかけたなと思うのです。しかしそういう気遣いをして下さるお店は新規限定で格安料金だったりして、なかなか毎回通うというわけにもいかず…。

行きつけの美容室があって、自分の状態を時系列的に把握して下さる美容師さんがいたらもっと通いやすかったかもしれません。

 

脂漏性皮膚炎で頭皮がぐじゅぐじゅでフケがひどくて美容室に行きたいけれど行きづらい・・・

そんなときには、脂漏性皮膚炎に特化したシャンプーを使ってみるのも手です。

症状が落ち着いてきたら、美容室にもいきやすくなります。

 

脂漏性皮膚炎でシャンプーに悩んでいたらランキングも参考にしてみてくださいね。

参考 >>脂漏性皮膚炎対策おすすめシャンプーランキング

-フケ

Copyright© 脂漏性皮膚炎対策シャンプー研究所 , 2020 All Rights Reserved.